上北沢の家 蔵のリノベーションと高気密住宅

■この家は、長野から移築した蔵のリノベーションと、それに新たな建物を増築した住宅です。
蔵の内部はよけいなものを取り払い、ピアノコンサートが出来る、音楽ホールにリノベーションしました。
既存住宅の1階部分は、寝室と水廻りに改装しました。
新築部分はキッチン、リビング、ダイニングが1階。2階は個室になっています。
木造の高断熱・高気密住宅になっています。構造は集成材(柱・梁)金物工法で作られています。
金物工法とは、柱と梁などの木造部材を金属金物で接合しています。非常に強固な木造工法です。

Before


■ちょっと暗いですが、リノベーション前の室内です。天井の梁を見てください。

After

■リノベーション後の音楽ホール。古い建物と同じ位置に天井の梁があります。
床は新しく張り替え、壁は古い材料を綺麗にして再利用しています。

Before

■こちらも暗いですが、蔵内部改装前。やはり梁の位置に注目してください。

After

■音楽ホール改装後。梁が上の写真と同じ位置に渡っています。


■音楽ホール天井。蔵のままの梁を上手に見せるようにしました。

照明器具も目立たないように配線してあります。

■ステージに照明をあてるように配置してあります。

照明はコントローラーで明るくしたり、暗くしたりします。

■Before 改装前の外観です。

■After 改装後の外観です。窓を変えて、外観も板張りや追加の外壁を設置しました。

■After 改装後、上の部分が蔵の移築です。

■新築部分です。高断熱・高気密な木造住宅です。

■新築建物の1階リビングです。ちょっとしたアルコーブを作って、

囲い込まれるような場所を意図しています。

黄色い壁は呼吸するタイルを貼りました。ホルムアルデヒドなどを吸収します。

■玄関と2階へ上がる階段です。土間部分を広く取り、

ホームコンサートなどの多人数にも対応できるようにしてあります。

階段はシースルーにして見通しのきく開放的な階段室にしました。

■浴室です。パーテーションは強化ガラス。

洗面所と一体となった開放的なお風呂になりました。

窓は樹脂サッシ、高断熱・高気密仕様です。